MENU
アーカイブ
ゆみ
本気でネットビジネスで稼ぐことを決意し奮闘中のママ◆電気電子工学科を卒業→ウェブアプリ開発会社に就職→WEB制作会社に転職→出産を機に在宅ワークに→フリーランスとして活動中◆WEBサイト構築10年以上|ブログを一ヵ月で収益化◆ネットビジネス 快適ライフに役立つ情報を発信◆ドラマ大好き

【体験談】発熱した自分は風邪なのか?コロナなのか?PCR検査を受けるまで

この記事は新型コロナウイルスの第三波が収まりつつある2021年2月に私が発熱しPCR検査を受けることになった体験談です。

時系列で事細かく書いてあるので、一部だけ知りたい方は目次から飛んでってください。

目次

症状1日目:始まりは喉の痛みから

朝起きると喉の痛みがありました。

次女が前日からくしゃみ・鼻水の症状があったので、その風邪がうつったんだろうな〜と軽く思っていました。

その日はちょうど土曜日で出掛ける予定はなく、市販の風邪薬を飲んで家でゆっくり過ごしました。

症状2日目:喉の痛みがひどくなる

喉の痛みが強くなってきて、市販の風邪薬では効かなくなってきました。
のどあめを食べて紛らわせていました。

次女が咳をし始めたので明日はお休みして小児科連れて行こうと思いました。(この日は日曜日だったので小児科はやっていませんでした)

症状3日目

発熱し始める

朝起きるといつもにはないだるさを感じました。
鼻詰まりがあり、熱を測ると37.2度

げっ・・・熱出てきた?もしかしてコロナ?と不安がよぎりましたが、県外に行った覚えも県外の人と接触した覚えもない。

とりあえず、仕事に出掛ける主人と小学校に行く長男ぶっくんを送り出しました。

その頃にもう一度熱を測ると36.7度

大丈夫そうだなとホッとして、長女をスクールバスのバス停に送りに行きました。

その後引き続き、次女を小児科へ連れて行きました。

小児科の診断は「風邪ですね。お薬出しときます」。
薬をもらい、家に帰ってきました。

その時に熱を測ってみると37.6度に。
やっぱり熱あるのか・・・と心配になりました。

次女とお昼ご飯を食べて、まったりしていると次女がお昼寝し始めました。

軽く頭痛もしてきた私は自分も休みたかったので、ラッキー♪と思って一緒にお昼寝しました。

2時間ほど眠った後、熱を測ると37.2度

仕事が早番だった主人が帰ってきました。

かかりつけ医に電話で相談してみると車内での診察は可能とのことだったので、子供達のことは主人に任せて病院に車を走らせました。

初めての車内診察

新型コロナウイルスが流行り始めてから、今まで幸いにも体調を崩すことはなく、久々の病院受診でした。

車内診察は先生に診察してもらう以外は全て電話で指示されます。

ものすごく徹底していて、調剤薬局と連携して薬も準備できた状態で受診料と薬代を合算した状態で請求してくれ、前もっていくらで支払うか伝えてお釣りを予め薬と一緒においてくれるシステム。

先生と診察の時に数分接触する以外は全く人に接触しません。

で、問題の診断結果ですが、

とりあえず風邪の薬を処方するので様子をみましょう。2日後になって高熱が続いたり、味覚嗅覚がなくなるようならPCR検査ということでいいですか?

やはり感染者との接触の心当たりのない人は、とりあえず様子見になるようです。

家に帰り、主人が用意してくれていたカレーライスを食べました。

味がしないような・・・と心配しましたが、鼻詰まりがあるので鼻をかんですぐの鼻が通った状態では味を感じることができたので、味覚は大丈夫そうでした。

物凄い頭痛

夕食後、頭痛がどんどんひどくなっていき、熱も38.2度と上がってきたため別室で休ませてもらいました。

一人でゆっくり休めるので助かりましたが、頭痛が辛いのと自分がコロナなのか?風邪なのか?が気になってなかなか寝付けませんでした。

症状4日目:熱が下がり楽に

朝起きると熱は37.0度まで下がり、頭痛もほとんど治まっていました。

熱が続くとコロナの可能性が高まると思っていた私は「ただの風邪だったんだな、良かった〜」とかなりホッとしました。

その日は主人がお休みの日だったので無理せず休ませてもらいました。

症状5日目

朝起きると咳が

熱は平熱のまま落ち着いていたのですが、朝起きると喉がイガイガして痰の絡んだ咳が出始めました。

更に長女もくしゃみ・鼻水の症状が。
次女に続き、長女も学校をお休みすることになりました。

因みに主人は私の病状が落ち着くまで会社を出勤停止になってしまいました・・・これは早く治さなくてはというプレッシャーが心にズシンとのしかかりました。

夜からまた発熱

咳が出始めたものの熱は下がってきているし、快方に向かっているはず!と信じていた私に残念な出来事が。

19時半頃、少ししんどさを感じたので熱を測ってみると37.7度

ガーン・・・コロナの可能性再浮上?!主人の出勤停止が延びてしまう・・・かなり落ち込みました。

この夜は結局38.2度まで熱が上がりました。

症状6日目:かかりつけ医に電話

朝起きると37.1度。まだ微熱が続いているのか・・・。

この日は運悪く、かかりつけ医の休診日。

主人の出勤停止のことがあるので一刻も早く風邪なのか、コロナなのかをはっきりさせたかった私は相談だけでもできるかなと思い、かかりつけ医に電話しました。

留守電に繋がったのでやっぱり今日は無理か・・・と思っていると、見慣れない番号から着信が。
病院の先生が着信を見て折り返しの電話をしてくれました。

熱は1日で落ち着いたのにまた昨晩上がってきたこと、今も微熱が続いていること、咳が出始めたことなどを伝えると「一度検査したほうがいいかな・・・今日は休診日なので明日PCR検査の予約をします」とのことでした。

本当は今日にでもPCR検査してもらいたいくらいなのに明日か・・・でも明日にははっきりするんだ!もう一日我慢しよう!そう思うことにしました。

その後、夕方には熱は平熱に戻りました。

症状7日目:PCR検査ではなく抗原検査をすることに

熱は平熱、痰の絡んだ咳と鼻詰まりは続いていました。

8時半頃に病院から電話がありました。

昨日お電話いただいたのでPCR検査の予約をさせていただきました。月曜日の○時に〇〇病院に行けますか?

目が点になりました。えっ!PCR検査を今日受けられるんじゃないの?!

率直に「月曜日じゃないと受けられないんですか?」と聞きました。

どうやら急ぎではない患者に関しては、月・木にしか検査をしないルールらしい。

そんなルールがあるならもっと早くに教えてくれー!!
旦那の出勤停止をこれ以上引き延ばすのは申し訳なさすぎる!!

諦めきれずに聞きました。

もっと早くに検査したいんですが難しいですか?

じゃあ病院でもできる抗原検査をしましょうか。インフルエンザの検査と同じような鼻の粘膜を拭ってするものです。それだと30分くらいで結果が出ます。PCRより精度は劣るんですが、それでも参考になると思います。

そこから病院へ行き、前回と同じように車内診察をしてもらいました。

この抗原検査・・・鼻の奥底まで相当グリグリやられます(T ^ T)
10秒くらいかな?グリグリやられて気持ち悪かったです。

30分後に結果が出ましたが、幸いにも「陰性」でした。

ほぼほぼコロナ陰性ということだし、先生が診察した感じも多分コロナではないと思うと言っていました。

それならPCR検査はもう良くないですか?

ここら辺でも感染経路不明で感染している人がチラホラ出ているから、感染拡大防止の観点からもPCR検査も受けておきましょう。

ですよねぇ・・・。。。_| ̄|○

結局、月曜日にPCR検査をし、その結果は早くて火曜日、遅いと水曜日に判るとのことでした。

病院が終わり、すぐに電話で主人に内容を報告すると「会社に何て言えばいいのよ・・・」の一言。

そうなんです。前日の感じだと今日PCR検査をして結果が「陰性」と判れば、その翌日には出勤停止は解除されていたんです。

私の勝手な思い込みの「今日PCR検査を受けられる」という情報を主人は昨日会社に報告していました。

だから、主人は二転三転する話を会社に報告しないといけないんです。

そりゃ嫌ですよね・・・自分に置き換えて考えても嫌です。

「コロナ離婚」という言葉を聞いたことがありますが、こういうことで離婚に繋がるのはあるかも・・・としみじみ思いました。

帰らない訳にもいかないので家に帰ると、「とりあえず陰性で良かったね」と出迎えてくれた主人。
申し訳ない気持ちで泣いてしまいました。

長くなりましたが、明日月曜日にPCR検査を受けてきます!

「陰性」となり皆が社会復帰できることを願って☆

【追記】PCR検査当日~その結果

症状8日目にPCR検査を受け、症状9日目の夕方に無事検査結果が出ました。

やっぱり「陰性」でした~。
私のただの風邪によって、家族みんなに迷惑をかけることになった9日間。

今のご時世では風邪をひくことすら大打撃になることを身をもって思い知りました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる